Phuong(フォン)

富山大学院で基礎研究を行い、生命融合科学教育部(博士課程)修了
7年間の日本での生活経験があり、医療通訳の資格を取得

Linh(リン)

ハノイ人文社会科学大学に在籍中に専修大学へ留学。生田キャンパスで1年間学生生活を送った。